23 Apr肌トラブルが多い赤ちゃんにもオススメの洗濯洗剤とは

洗濯用の洗剤は衣類に使うもので直接肌につけるものではないと油断していませんか?
人間の肌に使用するものは「化粧品」に分類され、
洗濯洗剤は「雑貨」に分類されます。

メーカーとしても直接肌につける化粧品に対しては人への刺激や毒性等を近年では考慮しだしています。
しかし、直接肌につけない雑貨である洗濯洗剤の洗浄剤や配合成分に関してはそれほど考慮されていない印象を受けます。
大手メーカー程顕著で大手メーカーの現在の着目はエコ!なので、すすぎ1回でオッケーがうたい文句です。
どこも本体にそのうたい文句を記載しています。

こだわりを持ったメーカーももちろんあります。
エコであり人にも環境にも優しく、洗濯機にも優しい洗濯洗剤を作っているところも増えていっています。

洗濯機で衣類を洗うと一見は汚れもおち、洗濯洗剤の液もきれいに排水溝に流れて行ったように見えますが、
実際は衣類に付着しています。
その洗濯洗剤の成分が付着した衣類を着ることにより汗等により成分が溶けだし、肌に付着し
肌荒れ等の原因になります。

化粧品程成分の刺激に考慮していないケースが多いので、洗浄成分等が刺激の強い成分を用いているケースが多く、
これらの洗濯洗剤成分が付着した衣類を赤ちゃんに使用すると汗かきな赤ちゃんにはすぐに影響がでてしまいます。

衣類への付着を全くゼロにするのも難しいので、
仮に衣類に付着していても赤ちゃんの肌に優しい成分であればいいわけです。

しかし、エコを強く押しすぎて洗浄力がなさすぎる洗濯洗剤も困るので、
きちんと衣類についた汚れを落とす洗浄力は備えていなければなりません。
衣類に汚れが残っていると汗等と反応してすぐに雑菌が増え臭いの原因にもなります。

適度な洗浄力をもちながら、赤ちゃんの肌に触れても安全な成分で作られた洗濯洗剤が
赤ちゃん向けの洗濯洗剤といえるでしょう。

08 Apr肌トラブルを抱える方にはエコ洗濯洗剤「竹炭の洗い水」がオススメ

100%天然素材のエコ洗濯洗剤を見つけました。
その名も「竹炭の洗い水」
この洗濯洗剤のすごいところは
なんと竹炭と竹炭灰と水だけでできており、界面活性剤も蛍光剤、柔軟剤、香料を一切配合していないところです。

界面活性剤なしということは洗浄力がないのではないかと思いましたが、
なんと市販の洗濯洗剤と遜色のない洗浄力を持っているとのこと。

その原理がすごいです。
まず、竹炭の洗い水に豊富に含まれるカリウムやナトリウムが水と反応し、簡単にゆうと水酸化カリウムや水酸化ナトリウムになり、そして洗濯物についている汚れ成分の脂肪酸とこの水酸化カリウムもしくは水酸化ナトリウムが反応して石鹸となり、汚れを落とすという仕組みなのです。

界面活性剤は配合していませんが、洗濯中に界面活性剤を作ってしまうという洗濯洗剤なのです。
その為商品名も洗剤とつかずに「竹炭の洗い水」なのでしょうね。
なんせ、洗剤成分が商品自体には入っていないのですから。

実際、脂肪酸に水酸化カリウム又は水酸化ナトリウムを混ぜ合わせてできるのが石鹸というのは間違いありません。
理論上、このメーカーさんの言い分に間違いはなく、洗剤として機能する理由もわかります。

ただし、気になるのは洗濯中に石鹸が生成され汚れを落とすというのが本当に市販の洗濯洗剤と同等の洗浄力を持つのかという点です。市販の洗濯洗剤はほとんどが35%くらい界面活性剤でできていますので、洗浄力の塊です。
そして泡立ちまくりです。それと同等なのかどうかはわかりませんが、
商品のレビューを見ていてもかなりの高評価なので、問題ないくらいの洗浄力は実際あるのでしょう。

もちろん界面活性剤が入ってないので、すすぎも一回で済みますし、
家計にもやさしいです。お値段も1000mlで1260円なので、お手頃ですね。
市販品の洗剤と比べるともちろん高いですけどね。

05 Apr赤ちゃんの衣類洗濯には無添加せっけん+天然ハーブで作られた洗濯洗剤「arau」がオススメ

3つのこだわりを持った洗濯洗剤です。
○アレルギーのもととなる添加物は一切不使用。
○排水後は、すばやく生分解されるので地球環境にもやさしい。
○天然のハーブオイルを配合。
これによって作られた洗濯洗剤が「arau(アラウ)」です。

価格も1.2Lで840円と大変お得です。

成分は純石けん分(30%脂肪酸カリウム)
と香料としてハーブオイル・そして水ですかね!?おそらく

メーカーさんの製品特徴は
溶解性にすぐれた液体せっけん。
水にさっと溶け、すすぎも速やか。
除臭せいけつ成分として「ラベンダー&スペアミント」配合。
柔軟剤なしでも、なめらかでやわらかな仕上がりに。
となっています。
そして赤ちゃんの衣類の洗濯にも使えますよ!とのこと。

とにかくシンプルに作り上げたからこそ、
この低価格を実現したのでしょう。

ただ、洗濯洗剤というよりただの石鹸ではないかと思います。
洗濯洗剤と分類されていますが、
このアラウさんの台所洗剤の成分も全く同じ純石けん分(30%脂肪酸カリウム)です。
違いがわかりません。

まぁ逆に言うとラウリル硫酸等の刺激の強い成分も入っておらず、
シンプルだけどいい商品であるとはいえるのではないでしょうか。

05 Apr環境へ配慮して作られた洗濯洗剤「エコベール ランドリーリキッド」は実際どうなのか?

ベルギー生まれの環境へ配慮して作られた洗濯洗剤「エコベール ランドリーリキッド」です。
コンセプトは洗浄力はきちんとありながら、人と地球にやさしい洗濯洗剤とのことです。
特徴は酵素、蛍光増白剤、着色料、合成香料が無配合であること。

ナタネ油由来の洗浄成分が低温でも洗浄力発揮

1.5Lの容量でお値段は1470円となかなかお買い得な価格です。
こちらはバイオ系ではなく、市販の洗濯洗剤ほどではないにしろ泡立ちもあります。
なんていったって界面活性剤が18%は入っていますから!

配合成分のアルキル硫酸エステルナトリウムはラウリル硫酸ナトリウムに近い界面活性剤で洗浄力は強く、
刺激も強い成分でしょう。直接肌につけるものではないにしろ、
洗い流せずに衣類に残っていると身に着けた時には良くないでしょう。

一つゆっておきたいのは植物由来の成分=安全ということにはなりません。

以上から、手肌にやさしく洗浄力はバツグンという謳い文句には
疑問があります。洗浄力はバツグンかもしれませんが、手肌にやさしいとは言えないのではないでしょうか。
ただ、生分解性は高い成分なので、環境にはいいといえるかもしれませんが・・・

成分はこちら↓
界面活性剤(18% アルキル硫酸エステルナトリウム、アルキルポリグリコシド、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム))、補助剤1%

05 Aprパイプクリーナーも兼ねる洗濯洗剤「緑の魔女 ランドリー」は肌トラブルがちな人にもオススメ

洗濯洗剤ですが、パイプクリーナーでもある2役をこなす洗濯洗剤が、
「緑の魔女 ランドリー」です。
ドイツ生まれの地球にやさしいバイオ・ハイテク洗剤とのこと。

この緑の魔女もバイオの力を使い、微生物に栄養に与え、
パイプ内の雑菌や汚れを微生物によってきれいにすることを目的に作られています。
そう、とっても環境に配慮した商品設計なのです。
少量の使用でもよく汚れが落ちるのはうれしいですね。

しかも5Lの大容量のもので2300円程のお値段なのです。
楽天市場でのレビュー数が3800件以上もついているのは
このクオリティとこの価格のせいでしょう!

通常市販の洗濯洗剤を使用していると
まず泡立ちがすごい為脱水しても洗濯漕内に泡が残ってしまい、
その泡をエサに洗濯漕内に雑菌が繁殖します。
そういった状態が続くと次第に洗濯しても洗濯物が臭いといった状態になってしまいます。

そうなるとこれまた市販の洗濯漕クリーナーを使って洗濯機をきれいに掃除してあげなければなりません。

その点この緑の魔女のようにバイオ系の洗濯洗剤だと微生物が
洗濯漕内もパイプ内もきれいに保ってくれるので洗濯漕内の雑菌による衣類への臭いを
抑えることが可能となり、しかも泡立ちが市販品より少ないので、
すすぎの回数も少なくてすみ総合的にみるとコストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

05 Aprドライマークがついた衣類が洗える洗濯洗剤「ハイベック エース ドライ」

すごい洗濯洗剤を見つけました。ドライマークがついていてクリーニングに出さなければ今まで洗うことができなかった衣類を自宅の洗濯機で洗うことができる洗濯洗剤です。
その名も「ハイベック エース ドライ」

スーツをはじめ、ニット、コート、ズボン、ネクタイ、帽子、カーテン等が洗えます。
1100g入って約110回の洗濯回数で6300円です。
確かに高いです。高いですけど使い方によってはクリーニング代が浮くので
とてもお買い得です。

特徴は
・柔軟剤不要でやわらか仕上がりの洗剤
・溶剤分100%植物系ドライクリーニング溶剤使用
・ドライクリーニング溶剤は揮発性に優れているので1回すすぎでOK
・洗濯の基本から衣類別の洗い方まで分かる、お洗濯ガイド付き

しかもこのハイベックは
汚れの種類3種類の「水溶性の汚れ」「油性の汚れ」「不溶性の汚れ」
全てを落とすことが可能とのこと。

ただし、皮製品と和服系は洗えないとのことなので、注意してください。

成分表はこちら↓
界面活性剤(36%)  ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼンスルフォン酸アミン塩、第二級アルコールエトキシレート、アルカノール脂肪酸アミノ、直鎖アルキルベンゼンスルフォン酸ソーダ、ポリオクチルポリアミノエチルグリシン、グリセリン、ポリアクリル酸ソーダ、植物系溶剤、硫酸ナトリウム、蛋白質分解酵素、脂肪分解酵素

05 Apr洗濯した衣類のお肌への刺激が心配な方には善玉バイオ洗濯洗剤「浄」がオススメ

最近よく目にするバイオの力を用いた洗濯洗剤です。
簡単にゆうと生態系の中に存在する善玉菌や酵素を集めてパワーアップさせた洗浄剤です。

バイオの洗濯洗剤はどういいのかというと
洗濯機は本来衣類等洗濯物をきれいに洗浄してくれます。
でバイオが入っているとどうなるかというと衣類の洗浄はもちろん、
洗濯漕もきれいにしてくれるんです。

洗濯洗剤による泡の残りが雑菌のエサとなり、雑菌が増殖し、
洗濯漕が汚れ、せっかくの洗濯物も臭いが残ったりしてしまいます。
バイオ入りだとバイオが微生物に栄養を与えて微生物が汚れや雑菌をきれいにしてくれるため
洗濯漕をきれいに保てるというわけです。

お値段は1.3kg 計量用ハーフスプーン(30g)入で3,780円ということで
安くはありません。むしろ高いです。
でもバイオ系の洗濯洗剤は大概このくらいの価格します。

そして、バイオ系の洗濯洗剤の特徴として、
泡立ちません。泡立たないのですすぎが少なくて済むので、
節約にもなります。

成分はコチラ↓
アルカリ剤(炭酸塩)、水軟化材、分散剤、漂白剤、再汚染防止剤、善玉バイオ(特殊酵素)、植物性脂肪酸