30 Nov肌トラブルの一つ「ニキビ跡の悩み」について

私は中学生くらいの頃からいわゆる思春期ニキビが出来始め、最初はいじらないように触らないように気をつけていましたが、一度指で潰してみたら面白くなってしまい何度も出来ては潰してを繰り返していました。

するとばい菌が入ってしまったのか大きく化膿してしまい、皮膚科で貰った薬を塗って治しました。

しかしニキビ跡がなかなか消えず、でもいつか消えるだろうと深刻には考えておらず、また違う場所に出来たニキビを潰してしまっていました。

そんなことを長年繰り返してきた私の肌は、ニキビ跡だらけで、シミの様にぽつぽつと黒ずんでしまいました。
10代の頃は新陳代謝も活発で、お肌のトラブルがあってもすぐに綺麗に治っていましたが、20代になるとニキビもなかなか治らないし、ニキビ跡も消えずにずっと残ってしまうようになりました。

このままでは私の肌はニキビ跡だらけになってしまうと危機感を感じ、なるべく肌に負担をかけないように心がけるようになりました。

洗顔はゴシゴシこすらずに沢山の泡で包み込むように洗い、ニキビが出来ても薬を塗って潰さないようにしました。

それだけでも新たなニキビ跡は出来なくなりましたし、ゆっくりではありましたがだんだんニキビ跡も薄くなってきたと感じるようになりました。

スキンケア用品は美白化粧水や美白乳液を使用して、これからも新たなニキビ跡を作らないように気をつけていきたいです。

ニキビ跡消す為には健やかなお肌を目指すのが大切です。
ニキビ跡消すための必要な情報はこちら⇒肌トラブルの一つであるニキビ跡消すおすすめ方法についての情報サイト

29 Nov肌トラブルには無添加化粧品「アンナトゥモール」がオススメ

アンナトゥモールの化粧品はとてもおすすめです。

どこがオススメなのかといいますと、無添加化粧品で天然由来にこだわって作っている点です。

無添加という言葉は良く聞きますが、

無添加は何が無添加なのかということが非常に大切です。

化粧品の場合の無添加では

合成香料、鉱物油、合成着色料、アルコール、パラベン、旧表示指定成分といったものが多いです。

アンナトゥモールでは防腐剤であるパラベンは使用していません。

パラベンは防腐効果はピカイチですが、その分お肌への刺激も強い成分です。

そのパラベンを不使用で代わりにローズマリー葉エキスの防腐効果を生かした商品作りとなっています。

化粧品は成分の組み合わせでできているのでどれだけお肌に優しい成分を組み合わせているかによって
品質が変わってきます。

そういう意味でもアンナトゥモールは低刺激で天然由来にこだわった人にも環境にも優しい化粧品ブランドといえるでしょう。

特にアンナトゥモールで人気の高い商品なのがシャンプーとUVベースクリームです。

どちらも楽天市場などではレビューがたくさんついている商品です。

シャンプーはノンシリコンシャンプーで成分も良いのですが、洗い上がりや使用感もとってもいいんです。

アンナトゥモール本当にオススメです。

17 Octお肌トラブルを解消してニキビ跡消す

お肌の悩みといったら一番は乾燥です。
ですが、ニキビの悩みも多いのではないでしょうか。
ニキビには大きく2種類あります。
一つは思春期にできる思春期ニキビ、
そして20歳以降にできる大人ニキビです。
しかもニキビは顔だけではありません。背中ニキビや胸元ニキビなど皮脂分泌の多い箇所ならでこでもできます。

そして、ニキビのやっかいなことはヘタに潰したり、触ったりするとひどくなったり、ニキビ跡が残ったりすることです。
ニキビ跡が残ると最悪ですね。
ニキビ跡にも2種類挙げられますが、赤黒い色が残る色素沈着のニキビ跡と肌の一部が窪んでしまった凸凹ニキビ跡です。
これらはとても悩みの種となり、外に出たり人と会うことすら嫌になってきたりするほどのものです。

できたニキビ跡消すにはそれこそ病院で治療を受けなければならなかったりするのです。
ですが、病院にいってニキビ跡を消せたとしてもニキビの根本原因を解決しなければ、何度でもニキビはできます。
ニキビができるということはニキビ跡ができるリスクもあるわけです。

ではニキビケアはどうやってすればいいのでしょうか。
ニキビの原因は皮脂の過剰分泌です。
ですので、皮脂の過剰分泌が起きないよう常にお肌の状態を健やかに保つ必要があります。
お肌の状態を健やかにしてくれるスキンケアが必要になります。

03 Oct頭皮トラブルにお悩みの方に知っておいてほしいノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーがはやっており、最近では新商品のシャンプーは全てノンシリコンシャンプーだといっても過言ではない状況です。

たくさん発売されているノンシリコンシャンプーの中から一つのシャンプーを選ぶときあなたは何を基準に選びますか?
選び方にもコツがあります。その選び方について少し学ぶだけであなたが良質なシャンプーで自分のお気に入りのノンシリコンシャンプーに出合う確率が大幅にアップします。

では実際どうすればいいのでしょうか。
選ぶ際の基準となる項目はたくさんあります。知人や家族の体験談、第三者の口コミ、人気具合、香り、成分、ボトルデザイン、価格、内容量などが一般的でしょうか。

この中にすでに答えは入っています。まずはそれを確認することで良質なシャンプーを選ぶ確率は倍どころではなく何倍にもなります。というよりも良質なシャンプーの中から選べるといった方が正確かもしれません。

そのことを知らずにやみくもに何種類あるかもわからないシャンプーラインナップの中から一つ一つ試していきますか?仮に使用感が良かったとしてもそれが本当の意味での良質シャンプーでない可能性もあります。

25 Sep肌トラブルにオススメのオールインワン化粧品

オールインワン化粧品ってなんだか手抜きしているようでちょっと抵抗があると感じているあなた。
それはオールインワン化粧品を誤解しています。

化粧品は別に化粧水・乳液・美容液・パックなどに分ければいいというものではありません。
むしろオールインワン化粧品は必要な成分にしぼって濃縮していれているので、ある意味ムダがありません。
美容液に入っている成分ってどんな成分ですか?セラミドですか?コラーゲン?それともヒアルロン酸?リピジュアでしょうか?美容にとって良いとされている成分を含むのが美容液です。ですが、化粧水や乳液ってそのような成分は入っていないのでしょうか?そんなことはありませんよね?化粧水にもヒアルロン酸が含まれている場合もありますし、セラミド入りの乳液だってあります。
むしろ化粧水・乳液・美容液とわけることで同じ成分を3回に分けてお肌に付けているという場合もあります。
別にヒアルロン酸は3回に分けてつけたほうが効果的だ!なんて話も聞きませんよね。
それほど気にする必要はないのです。

オールインワン化粧品で十分お肌に潤い・保湿・美容成分を与えることはできます。
なので、忙しくて時間がない方の強い味方にもなりますし、そうでない方にもオススメします。
化粧品を一つにまとめればどれだけ月々の費用が浮くことか・・・
基礎化粧品ってバカにならないですもんね。

12 Aug乾燥などお肌のトラブルにオススメの化粧水

今まで使った化粧水でよかったものをいくつかあげてみたいと思います。

まずは、コスパ的によく思い切ってたくさん使えるものは、無印とオルビスの化粧水です。どちらも手に入れやすいしお値段も手頃な上に、化粧水としての役割もしっかりと果たしてくれます。お肌にも比較的優しく、顔だけではなく全身に使えます。今でもボディー用の保湿には無印のものを使っています。

次に、お肌が少し敏感な時に使えるもので、成分にもこだわっている化粧水が、オーブスのスキンベースウォーターです。赤みがあってひりひりするような肌にも使えるので、いざという時にとても役にたちます。長野の白馬の天然水を精製した水をメインにしているので、かなり低刺激です。美白などの効果はいらないから、とにかく敏感な肌にもつけて大丈夫でやさしく保湿できるようなものというならこの化粧水が最適だと思います。これは店頭販売がされていないので通販になりますが、ストックしておくと便利です。

また、お値段はしますが美白・保湿の効果も求め、さらにこだわりの成分をいくつか配合しているものがP.G.C.Dのロシオンエクラです。しかも、この化粧水はオールインワン化粧水なので、洗顔後にこれ1本でいいというものです。乾燥がひどい時はしっかりと2度付けしておくと冬でも乾燥しません。夏場は少しべとつくくらいなので、お化粧の前は2度付けはさけた方がよいかもしれませんが、2度付けしたからといってメイクがよれたりすることはないです。保湿・手間がかからないという点ではかなりおすすめです。

最後に、一番気に入っている化粧水が、ヴルーウエストのMALICAです。これは、全成分が水と塩湖水塩だけというとてもシンプルなものですが、死海のミネラルを高濃度に配合してあるので、これをつけるとスーっと入っていき中から徐々に潤ってくるといった感じです。肌質改善・アトピーの方・自然派の方には本当におすすめの商品です。

02 Aug肌トラブルでお悩みの方にオススメ!オーブス化粧品

OrBSオーブスのお水を使った化粧水が、お肌が敏感なときや日焼けをしたとき、さらにはかぶれてしまったときにも重宝します。

私は学生のころから油分が含まれている化粧品にアレルギー反応がでてしまうので、化粧水には特に気をつかって、成分や油分の有無などをきちんと確認してからでないと使えません。

仕事のストレスや仕事場の空調が原因の乾燥などで、とても肌が荒れてしまったときに出会ったのがOrBSオーブスの化粧品です。その時もあまり色々なものが成分として含まれていない化粧品を使っていたのですが、それすらも合わなくなって軽く絶望していました。

でも、OrBSオーブスの夢水肌シリーズを勧められて使ってみると、何の刺激もない上に、ベースが長野県白馬の天然水なのでとても安心して使えました。水自体の密度が高い白馬のお水を、さらに特殊な製法で水分子を同じにして肌や体内に吸収されやすくなっているそうです。

OrBSオーブスの夢水肌シリーズにはスキンベースウォーター(化粧水)とパーフェクトエッセンス(美容液のような化粧水)があって、先にスキンベースウォーターをたっぷりと顔に吹きかけてからパーフェクトエッセンスを手に取ってその上につけます。

たったそれだけのとってもシンプルなもので、しかも成分がほぼ水なのですが、とっても肌がやわらかくなり、しかも不思議なことに乾燥もしないんです。使い始めは少し物足りなさを感じていましたが、1週間もすると肌の調子も良くなって物足りなさも感じなくなりました。

パーフェクトエッセンスにはOrBSオーブスのお水にオーストラリアのオーガニックのユーカリエッセンスが入っているので、手のひらにのせた時にほのかにユーカリの自然な香りがしますが、肌にのせると全く気にならなくなります。

OrBSオーブスの特別なお水でできた化粧水だからとてもシンプルな成分でも潤うのだと思います。いつもは使わなくても、お肌が敏感なときにはすぐに使えるように常備しておくといいかもしれません。

どんな化粧品も合わないという方もこの限りなく水に近い化粧品を使ってみて欲しいです。

27 Jul肌トラブルにはオーガニック化粧品のロゴナがオススメ

LOGONA ロゴナはドイツで生まれたオーガニック志向のオールラウンドパーソナルケア商品のブランドです。オーガニックを謳った商品がたくさんあることは知っています。

しかしオーガニックを謳った商品が全て同じ品質ではありません。販売者は商品のいいところは宣伝しても悪い部分は当たり前ですが、いいません。化粧品に関していうと化粧品は成分の混ぜ合わせでできています。
ということは化粧品の質を決めるのは配合されている成分たちとなります。

オーガニックを謳っている商品の中には確かにオーガニック認証を受けた成分を使用はしていますが、他の成分がお肌にとって刺激が強くオススメできない成分を配合しているケースが少なくありません。

しかしどの商品も同じような宣伝文句をします。
これではなかなかどの商品が高品質なのか買う側のみなさんはわかりにくいですね。

LOGONA ロゴナは人と自然にやさしい製品づくりをモットーとしているだけあって、オーガニック認証成分の配合数も商品によってかなり多いですが、その他の成分にもきっちりこだわって作られています。

例えばLOGONA ロゴナの商品の中でシャンプーであれば、洗浄成分である界面活性剤はとても低刺激で優しい成分を使用しており、また、いわゆる旧表示指定成分というものも使用しておりません。

オーガニック認証をうけた成分は使われており、品質的に良いものとなっています。オーガニックを謳うシャンプーの中にもメインの洗浄成分がラウリル硫酸Naという洗浄力や脱脂力がとても強く頭皮や髪に刺激の強い成分を使用しているものもあります。

成分に詳しくないとホンモノを見極めるというのはなかなか難しいですが、LOGONA ロゴナの製品は自信をもってオススメできるブランドです。人と自然にやさしいといったうたい文句も多くの会社が使ってはいますが、本当の意味でそれを商品に再現できている会社は一部であり、LOGONA ロゴナはその一部の会社に当てはまります。

18 Jun肌トラブルがちな方にもオススメのノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーブームまっさかりの現代日本、大手の化粧品メーカーである資生堂やP&Gなどと1,000円を切った低価格ノンシリコンシャンプーの先駆けであるジャパンゲートウェイが送り出すレヴールの間でいわゆるシリコン論争が勃発するまでになっています。

シリコン悪者派のレヴールとシリコンは問題ないという大手化粧品メーカー。実際にノンシリコンシャンプーを使っている皆様に混乱を与えるような問題です。私個人としての考えではノンシリコン派です。

しかし、それはシリコンが悪といっているわけではありません。大手の化粧品会社もこんなにノンシリコンシャンプーブームになっているのだから全てノンシリコンにすれば丸く収まるのになぜそうしないのか。しないのではなくできないのです。

大手の販売しているシャンプーはほぼ全て300円~700円の価格帯です。いくら大手が超大量生産をしているからといっても物には必ず原価があり、価格をさげるにも限界が出てきます。もちろんその販売価格に見合った原価内では品質向上の努力はしているでしょうが、品質重視の高額シャンプーに成分内容でかなうはずがありません。

洗浄成分をみても大手はラウリル硫酸ナトリウムなどの刺激の強いものを使っています。しょうがないといえばしょうがないのです。

そのような刺激の強い成分を配合していると髪がダメージをうけます。ダメージ毛はパサパサしてさわり心地も悪く、ごわごわしますよね。使うみなさんは成分知識はあまりない方が多いので、結局パサパサしたり、ごわつくようなシャンプーは安くても売れません。

逆に安くてもシャンプー後がしっとりしてツヤツヤしていれば成分を気にしない傾向もまだまだ残っています。なので、そういう面でいうとコーティング界の王様的存在シリコンが活躍します。なのでシリコンを配合します。

シリコン自体ははっきりいって有害なものではありません。もっと人体に対して悪影響な成分はシャンプーに含まれています。ではなぜノンシリコン派かというと本当に品質にこだわったシャンプーはお肌に低刺激で髪や頭皮への栄養もたっぷり配合されています。

そのようなシャンプーを使用した際はシリコンでわざわざコーティングする必要がないのです。美容成分が髪を保湿し、しっとりさらさらに仕上げてくれます。髪本来の美しさを取り戻せるのです。本当は傷んでいるのにシリコンというコーティングで隠すというのが一番良くないと思います。

ブームだからとか、なんとなく良さそうだからとか一方的なシリコン悪説を信じるのではなく、シャンプーの目的やその配合されている成分をもっとちゃんと調べれば上っ面の情報に振り回されずに済みます。

ノンシリコンシャンプーをおすすめはします。オススメはしますが、良いノンシリコンシャンプーをきちんと探してください。

23 Apr肌トラブルが多い赤ちゃんにもオススメの洗濯洗剤とは

洗濯用の洗剤は衣類に使うもので直接肌につけるものではないと油断していませんか?
人間の肌に使用するものは「化粧品」に分類され、
洗濯洗剤は「雑貨」に分類されます。

メーカーとしても直接肌につける化粧品に対しては人への刺激や毒性等を近年では考慮しだしています。
しかし、直接肌につけない雑貨である洗濯洗剤の洗浄剤や配合成分に関してはそれほど考慮されていない印象を受けます。
大手メーカー程顕著で大手メーカーの現在の着目はエコ!なので、すすぎ1回でオッケーがうたい文句です。
どこも本体にそのうたい文句を記載しています。

こだわりを持ったメーカーももちろんあります。
エコであり人にも環境にも優しく、洗濯機にも優しい洗濯洗剤を作っているところも増えていっています。

洗濯機で衣類を洗うと一見は汚れもおち、洗濯洗剤の液もきれいに排水溝に流れて行ったように見えますが、
実際は衣類に付着しています。
その洗濯洗剤の成分が付着した衣類を着ることにより汗等により成分が溶けだし、肌に付着し
肌荒れ等の原因になります。

化粧品程成分の刺激に考慮していないケースが多いので、洗浄成分等が刺激の強い成分を用いているケースが多く、
これらの洗濯洗剤成分が付着した衣類を赤ちゃんに使用すると汗かきな赤ちゃんにはすぐに影響がでてしまいます。

衣類への付着を全くゼロにするのも難しいので、
仮に衣類に付着していても赤ちゃんの肌に優しい成分であればいいわけです。

しかし、エコを強く押しすぎて洗浄力がなさすぎる洗濯洗剤も困るので、
きちんと衣類についた汚れを落とす洗浄力は備えていなければなりません。
衣類に汚れが残っていると汗等と反応してすぐに雑菌が増え臭いの原因にもなります。

適度な洗浄力をもちながら、赤ちゃんの肌に触れても安全な成分で作られた洗濯洗剤が
赤ちゃん向けの洗濯洗剤といえるでしょう。