01 Feb赤ちゃんの乾燥による肌トラブルの対策は?おすすめベビーローションは?

赤ちゃんのお肌は皮膚が大人に比べて1/2~1/3程度の薄さしかなく、その上皮脂分泌などが安定せず、潤い保持も苦手なバリア機能が未熟なお肌なので大人の肌よりも乾燥しやすくなっています。

冬など大人でも空気の乾燥と寒さによってお肌がカサカサに乾燥しがちですが、赤ちゃんはもっと乾燥肌になりがちだということは知っておいた方が良いでしょう。

そんな赤ちゃんのお肌だからこそ乾燥対策をしっかりと行なって肌トラブルを予防してあげることが大切です。

これまでベビースキンケアはあまり注目されていませんでした。
どちらかというとスキンケアは大人のものであり、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳以降の方がスキンケアをしっかりしないというイメージでした。

今もその傾向は変わりませんが、ベビースキンケアも徐々に注目を浴びてきています。

どうして赤ちゃんは乳児湿疹といわれる汗疹(あせも)や新生児ニキビ、おむつかぶれ、脂漏性湿疹などが起こりやすいのか、これまではそういった理由についてあまり触れられてこず、小児科や皮膚科で乳児湿疹と診断されて、塗り薬と保湿剤を処方されて治療するという流れが一般的だったのではないかと思います。

ですが、最近では乳児湿疹などの肌トラブル起こる前に、そうならないように予防スキンケアをしましょうという流れが出てきています。

ママとしても大切な子供のお肌がカサカサになっていたり、ブツブツができたりしていると見ていて辛い思いになりますね。

乳児湿疹ができたら治すという流れから、乳児湿疹ができないようにケアするという流れに変わってきたのは良いことだと思います。

ですが、まだまだ赤ちゃんのお肌についての基本的な知識も乳児湿疹に関する原因や対処法などの基礎知識なども一部のママやパパにしか知られていません。

今後そういった基礎知識がより多くのママやパパに広がっていくことを期待したいですね。

乳児湿疹には種類が色々あり、原因も異なりますが、やはりお肌の乾燥というのは一番の大敵です。

赤ちゃんのお肌の特徴からしても乾燥傾向が強いため、特に十分なケアが必要と言えます。

かといってただ単に保湿できれば何でもいいのか?というとそういうわけにもいきません。
もしそうであるなら、わざわざベビーローションという赤ちゃん用の保湿剤を作らなくても大人用の化粧水や乳液を使っていれば良い話です。

そうではなく、ベビーローションという赤ちゃん用が存在するということには意味があります。

様々な肌トラブルを引き起こす赤ちゃんのお肌の乾燥ですが、どのようなケアが必要であり、どのようにベビーローションを選べば良いかについてわかりやすく解説されているページがありますので、そちらを参考にしてください。

乾燥による肌トラブルから赤ちゃんのお肌を守る方法についての詳細はこちら
乾燥による肌トラブルにおすすめのベビーローションとは?

Leave a Reply