08 Apr肌トラブルを抱える方にはエコ洗濯洗剤「竹炭の洗い水」がオススメ

100%天然素材のエコ洗濯洗剤を見つけました。
その名も「竹炭の洗い水」
この洗濯洗剤のすごいところは
なんと竹炭と竹炭灰と水だけでできており、界面活性剤も蛍光剤、柔軟剤、香料を一切配合していないところです。

界面活性剤なしということは洗浄力がないのではないかと思いましたが、
なんと市販の洗濯洗剤と遜色のない洗浄力を持っているとのこと。

その原理がすごいです。
まず、竹炭の洗い水に豊富に含まれるカリウムやナトリウムが水と反応し、簡単にゆうと水酸化カリウムや水酸化ナトリウムになり、そして洗濯物についている汚れ成分の脂肪酸とこの水酸化カリウムもしくは水酸化ナトリウムが反応して石鹸となり、汚れを落とすという仕組みなのです。

界面活性剤は配合していませんが、洗濯中に界面活性剤を作ってしまうという洗濯洗剤なのです。
その為商品名も洗剤とつかずに「竹炭の洗い水」なのでしょうね。
なんせ、洗剤成分が商品自体には入っていないのですから。

実際、脂肪酸に水酸化カリウム又は水酸化ナトリウムを混ぜ合わせてできるのが石鹸というのは間違いありません。
理論上、このメーカーさんの言い分に間違いはなく、洗剤として機能する理由もわかります。

ただし、気になるのは洗濯中に石鹸が生成され汚れを落とすというのが本当に市販の洗濯洗剤と同等の洗浄力を持つのかという点です。市販の洗濯洗剤はほとんどが35%くらい界面活性剤でできていますので、洗浄力の塊です。
そして泡立ちまくりです。それと同等なのかどうかはわかりませんが、
商品のレビューを見ていてもかなりの高評価なので、問題ないくらいの洗浄力は実際あるのでしょう。

もちろん界面活性剤が入ってないので、すすぎも一回で済みますし、
家計にもやさしいです。お値段も1000mlで1260円なので、お手頃ですね。
市販品の洗剤と比べるともちろん高いですけどね。

Leave a Reply