03 OctHello world. This my website!

Hello world. This my website!

03 OctGreetings

This is my first post

05 AprRevue von wirtschaftlicher Forschungsbericht online Agentur für Studierenden

Fahnden Sie brillianten Rezension Erschaffer für der Entwicklung Ihrer Hausaufgabe von Beginn an.

Umfassende medizinische Facharbeit Zubereitung Ghostwriterservice

ÜberarbeitungKorrekturlesen Ghostwriter Büros als ein Site sind beste Möglichkeit für Studienanfängern, die plötzliche und hochwertige Förderung Read the rest of this entry »

01 Feb赤ちゃんの乾燥による肌トラブルの対策は?おすすめベビーローションは?

赤ちゃんのお肌は皮膚が大人に比べて1/2~1/3程度の薄さしかなく、その上皮脂分泌などが安定せず、潤い保持も苦手なバリア機能が未熟なお肌なので大人の肌よりも乾燥しやすくなっています。

冬など大人でも空気の乾燥と寒さによってお肌がカサカサに乾燥しがちですが、赤ちゃんはもっと乾燥肌になりがちだということは知っておいた方が良いでしょう。

そんな赤ちゃんのお肌だからこそ乾燥対策をしっかりと行なって肌トラブルを予防してあげることが大切です。

これまでベビースキンケアはあまり注目されていませんでした。
どちらかというとスキンケアは大人のものであり、お肌の曲がり角と呼ばれる25歳以降の方がスキンケアをしっかりしないというイメージでした。

今もその傾向は変わりませんが、ベビースキンケアも徐々に注目を浴びてきています。

どうして赤ちゃんは乳児湿疹といわれる汗疹(あせも)や新生児ニキビ、おむつかぶれ、脂漏性湿疹などが起こりやすいのか、これまではそういった理由についてあまり触れられてこず、小児科や皮膚科で乳児湿疹と診断されて、塗り薬と保湿剤を処方されて治療するという流れが一般的だったのではないかと思います。

ですが、最近では乳児湿疹などの肌トラブル起こる前に、そうならないように予防スキンケアをしましょうという流れが出てきています。

ママとしても大切な子供のお肌がカサカサになっていたり、ブツブツができたりしていると見ていて辛い思いになりますね。

乳児湿疹ができたら治すという流れから、乳児湿疹ができないようにケアするという流れに変わってきたのは良いことだと思います。

ですが、まだまだ赤ちゃんのお肌についての基本的な知識も乳児湿疹に関する原因や対処法などの基礎知識なども一部のママやパパにしか知られていません。

今後そういった基礎知識がより多くのママやパパに広がっていくことを期待したいですね。

乳児湿疹には種類が色々あり、原因も異なりますが、やはりお肌の乾燥というのは一番の大敵です。

赤ちゃんのお肌の特徴からしても乾燥傾向が強いため、特に十分なケアが必要と言えます。

かといってただ単に保湿できれば何でもいいのか?というとそういうわけにもいきません。
もしそうであるなら、わざわざベビーローションという赤ちゃん用の保湿剤を作らなくても大人用の化粧水や乳液を使っていれば良い話です。

そうではなく、ベビーローションという赤ちゃん用が存在するということには意味があります。

様々な肌トラブルを引き起こす赤ちゃんのお肌の乾燥ですが、どのようなケアが必要であり、どのようにベビーローションを選べば良いかについてわかりやすく解説されているページがありますので、そちらを参考にしてください。

乾燥による肌トラブルから赤ちゃんのお肌を守る方法についての詳細はこちら
乾燥による肌トラブルにおすすめのベビーローションとは?

20 Augニキビ対策における洗顔のやりすぎに注意

ニキビでお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。

ニキビができるメカニズムというのは、
基本的に過剰な皮脂の分泌と毛穴内部での皮脂詰まり、そして皮脂を餌に増殖するアクネ菌によって炎症が起こりニキビとなります。

ニキビにも段階があり、皮脂が毛穴に詰まった段階は炎症が起きておらず、白ニキビと呼ばれ、
アクネ菌の増殖によって炎症を起こして赤くなったニキビは赤ニキビ、
炎症がひどくなり角質層から真皮にまで炎症が拡がったりして膿が溜まり黄色くなった状態を黄ニキビと呼んだりします。

私は乾燥肌だから皮脂が原因によるニキビとは無縁と思っているあなた。

そんなことはありませんよ。

脂性肌と言われるお肌、オイリー肌とも言われるほど、顔が皮脂でテカテカしている状態ですが、一見乾燥と真逆なように見えて、実はインナードライと呼ばれる、お肌自体は乾燥しているというケースがとても多いのです。

お肌は肌の水分が失われないように皮脂膜を作りますが、肌が乾燥したりすると、これ以上乾燥させまいと皮脂を過剰に分泌しだしたりします。

そのため、乾燥肌だからニキビと無縁どころ、乾燥肌はニキビと強い関係があります。

そして、ニキビ対策で一般的なのが、洗顔です。

皮脂が原因となるので、余分な皮脂は洗い流しましょう!というわけです。

ただし、お肌の乾燥が原因で皮脂分泌が増えている場合、洗顔をすればするほど、乾燥は激しくなっていくのが普通です。

つまり、より皮脂の過剰分泌となりかねないわけです。

ニキビ対策で必要なことは過剰な皮脂分泌を抑えること。
そのために改善をしていってもなかなかすぐには変化がありません。

変化が表れるまでのあいだ、ニキビが悪化したり、新たなニキビが増えないように、適切なスキンケアを行って対策をするというのが一番の近道です。

洗顔はその1つの要素に過ぎません。洗顔をちゃんとしているのに次から次へとニキビが増えていく。
それもそのはずで、確かに直接の原因となる皮脂を洗い流しているかもしれませんが、
皮脂分泌が増える原因を改善しているわけではありませんし、洗顔料によってはお肌へのダメージが強くなり、よりお肌の状態を悪化させることになるかもしれません。

皮脂分泌が増える原因は色々考えられますが、食事や生活習慣、ストレスなど思い当ることを改善することが先決です。

洗顔だけがニキビ対策であるという思いこみは捨て、あくまでも根本原因を改善してニキビができないようになるまでのサポートが洗顔であるという認識を持つことが大切です。

ニキビ対策で洗顔のやりすぎは禁物です。

23 Jun新生児ニキビ対策で知っておきたいスキンケア方法

赤ちゃんの乳児湿疹の中でも生後3ヶ月くらいまでの期間に多い肌トラブルが新生児ニキビです。

新生児という名前がついていますが、ニキビのできる原因は赤ちゃんでも大人でも変わりません。
原因は皮脂の詰まりです。

皮脂が詰まる理由は色々ありますし、大人の場合はストレスや睡眠不足、疲れ、食生活の乱れなど生活習慣が大きく関わってきますが、赤ちゃんの場合、特に新生児に多いのはママのお腹の中にいた時のホルモンの影響による過剰な皮脂分泌です。

つまり、赤ちゃんの新生児ニキビはある意味しょうがないのです。
ホルモンの影響が少なくなってくれば自然に皮脂分泌は少なくなっていきます。
そうすると新生児ニキビも落ち着いていくことが多いです。

では自然に治るのを放っておいたら良いということでしょうか?

皮脂分泌が多いのは仕方ないのですが、それでもやっぱりちょっとした工夫で
新生児ニキビができにくいようにケアはできます。

それは皮脂対策!

何をするかというと余分な皮脂を取り除いてあげることです。
皮脂自体はお肌に必要なものなので、全て取り除くのはよくありません。

よく、ニキビ対策として一日になんども洗顔料を使って洗顔する方もいらっしゃいますが、
それは良くありません。

皮脂をとりすぎるとお肌は皮脂が足りないと勘違いして皮脂を余計に分泌するようになってしまいます。

つまり、ポイントは皮脂を奪い過ぎないことです。

それは赤ちゃんでも同じことです。
洗浄力が強く皮脂を根こそぎ奪ってしまうようなベビーソープではなく、
適度な洗浄力で潤いを残して洗い上げるベビーソープの方がおすすめです。

とはいってもベビーソープで一日に何度も洗うのはお肌への負担ともなりかねますので、
あまりよくありません。

ベビーソープを使って洗うのは一日1回、多くても2回までにし、
それ以外はぬるま湯で洗ってあげたり、濡れたガーゼなどで拭いてあげてください。

油は水では落とせませんが、ガーゼなどで拭いてあげるとある程度はとれます。
過剰な皮脂を放置しておくよりも全然違ってきますので、是非お試しください。

20 Jun口臭対策は万全ですか?口臭ケアにおすすめの歯みがき

口臭対策は万全でしょうか?
自分ではなかなか気づきにくいニオイですが、特に知らず知らずのうちに他の人に気付かれるのが口臭です。

口臭の原因のほとんどは歯周病によるものであるということがTVなどでも放送されています。
もちろん歯周病だけが全ての口臭の原因ではないでしょう。

口呼吸をする方は口の中が乾燥しやすくなり、雑菌が繁殖しやすい環境で口臭の原因にもなります。
また、ストレスなどで胃の調子が悪い時も口臭として現れたりもしますし、食べたものや飲んだもの、タバコなども口臭の原因となりえます。

とはいえ、口臭の原因の大部分を占めるのは歯周病ということなので、
歯周病をケアするにはもちろん歯みがきが重要です。

毎日朝昼晩とちゃんと歯みがきしていますか?
歯磨きもしっかり行わなければ食べかすなどが歯周ポケットや奥歯の周り、歯の裏側などに溜まってしまいます。

また、歯みがきって口内で行うものなので、口内への刺激は気になりませんか?
口の中はお肌よりもデリケートですよね。だからこそ、本来であれば、お肌に使うものよりも優しい成分で作られていることが望ましいのです。

皆さんの歯みがきの成分は大丈夫でしょうか?洗浄成分は優しい成分が使われていますか?

最近は刀のような大きな豆であるなた豆が口内ケアにおすすめとされています。

27 Mar頭皮や髪に優しい無添加ノンシリコンシャンプーはアンナトゥモール

美しい髪を取り戻したいのであれば、まずは頭皮ケア、つまりスカルプケアが大切です。
スカルプケアといってもどのようなシャンプーを使えばいいのでしょうか?

それは頭皮や髪に優しい洗浄成分で作られたシャンプーを使うことです。
シャンプーの品質を左右するのは洗浄成分といっても過言ではありません。

洗浄成分というのは界面活性剤のことで、
頭皮についた皮脂汚れなど水をはじいてしまって落とせない油と水とを混ざり合わせて
洗い流すことができる成分です。

この洗浄成分にはラウリル硫酸Naのような洗浄力や脱脂力の強い成分もあれば、
ラウラミドプロピルベタインやココイルグルタミン酸Naのような潤いを残しながらマイルドに洗い上げてくれる成分まで幅広くあります。

頭皮や髪をいたわるケアにはラウラミドプロピルベタインやココイルグルタミン酸Naといった洗浄成分が使われているシャンプーを使用されることをオススメします。

アンナトゥモールシャンプーの洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸といった頭皮や髪に優しい成分となっており、さらには旧表示指定成分も無添加のノンシリコンシャンプーなので、スカルプケアとしてとてもオススメです。

27 Marシャンプーの選び方に悩んだらオススメのサイト

色々なシャンプーを試してみたけれど、どうも頭皮に合わない、髪がパサパサになる。
こんな経験はありませんか?

多くの方が陥りやすいこととして、
今使っているシャンプーが合わない場合、他メーカーのシャンプーに買い替えますが、
その買い替えたシャンプーも同じようなシャンプーであることが多いのです。

洗浄成分がラウリル硫酸Naやオレフィン(C14-16)スルホン酸Naなどがメインとなっているシャンプーから
同じような成分がメインの洗浄成分となっているシャンプーへ買い替えてみてもボトルや香りは違いますが、
品質にさほど変わりはありません。

何か悩みを抱えてシャンプー選びをしているのであれば、
見るべきはメーカーやお店の謳い文句ではなく、洗浄成分です。

同じ洗浄成分をメインに用いているシャンプーはたくさんあります。
もし今のシャンプーが肌に合わないとか、何かトラブルが起こるというのであれば、
別の洗浄成分を使用しているシャンプーに変えなければ意味がありません。
例えば、ラウラミドプロピルベタインやココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEAといった洗浄成分は頭皮や髪に優しい洗浄成分です。

このような洗浄成分がメインの洗浄成分として使われているシャンプーを試してみることをオススメします。
メインの洗浄成分といっていますのは、シャンプーには洗浄成分が5~7個ほど配合されていることがほとんどです。そして、メインとなるのは水の次に成分表に記載されている成分です。つまり、水の次に多く配合されている成分ということになります。必ず水の次というわけではありませんが、かなりの確率で水の次がメインの界面活性剤となるケースがほとんどです。

25 Mar赤ちゃんの肌に優しいから敏感肌の方にも優しい無添加ベビーソープ

デリケートな赤ちゃんのお肌に優しいスキンケアはデリケートなお肌の大人のお肌にも優しいスキンケアです。
実際、敏感肌の方で男女問わず洗顔などにベビーソープを用いている方も多いようです。

お肌に必要な潤いは残したまま、優しくお肌を洗い上げる無添加ベビーソープならDolci Bolle(ドルチボーレ)です。

赤ちゃんの乾燥しやすいお肌をしっとりと洗い上げるドルチボーレの無添加ベビーソープは
敏感肌の方にもお使い頂けます。

ドルチボーレの特徴は圧倒的に水が違います。
通常化粧品によく使われる精製水ではなく、九州の雷山で採水された天然水で非加熱天然水として認められた「天使の希水」をベースの水として100%使用します。

水でそんなに違いがでるの?と思われる方もいらっしゃいますが、
水でそんなに変わります。

でも水の違いというのは誰もが自然と感じているはずです。
そうでなければ、世の中にこんなに多くの飲料水が出回るはずがないんです。

味も異なれば、ミネラルバランスもミネラルの含有量も何もかも違う。
皆さんご存知だと思います。

良質な水は化粧品の最高のベースとなります。
天使の希水という赤ちゃんのために開発された非加熱天然水をベースにして作られたドルチボーレのベビーソープは赤ちゃんだけでなく、あらゆるデリケート肌の方にお使い頂けるお肌に優しいベビーソープです。

ドルチボーレの公式通販サイトはこちら⇒無添加ベビーソープ「Dolci Bolle ドルチボーレ」の公式通販